自民党・安倍派の政治資金パーティーをめぐる裏金疑惑の問題を受けて、岸田首相は、安倍派の閣僚をゼロにした新体制を15日、本格始動させた。

新たな布陣で立て直しを図れるのか。
国会記者会館から、フジテレビ政治部・阿部桃子記者が中継でお伝えする。

厳しい表情から一転、15日朝は笑顔を見せる場面もあった岸田首相だが、表情とは裏腹に、情勢は不透明感を増している。

15日の閣議の場で岸田首相は、閣僚と雑談するなど笑顔で振る舞い、新閣僚はその後、記者会見に臨んだ。

林官房長官「政府としても、予算、税制など、国民生活に直結する重要課題が大詰め。これに向けて緊張感を持って臨んでいきたい」

坂本農水相「政治とカネの問題については、より厳しい姿勢で取り組まなければならない」

しかし、新体制への自民党内の声は辛辣(しんらつ)。

ある幹部は、「空気は何も変わっていない。重たいままだ」と述べ、若手からは「もう長くない。リセットしなければだめだ」と厳しい声が上がっている。

一方の野党も、新体制を批判している。

立憲民主党・泉代表「新しい人事はもはや、たらい回し内閣」

しかし、こうした状況でも、自民党内で「岸田おろし」は起きず、首相も自ら退く様子はなく、政権継続への強い意欲を示している。

自民党関係者は、「今はみんな静かにしているが、動くときは一気に動く」と話していて、永田町では捜査の展開をにらみながら、岸田政権の浮沈をうかがう状況が続くとみられる。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *