15日午後、松本新大臣との引き継ぎ式に臨んだ鈴木前総務相。

わずか3カ月の大臣だったが、職員からの感謝の言葉に目頭を押さえる場面も。

一方で、鈴木前総務相は、引き継ぎ式に先立ち緊急会見を行い、これまで否定していた安倍派からのキックバックがあったことを認めた。

鈴木前総務相「大臣を辞任するにあたりまして、事務所内で取り急ぎ調べたところ総額60万円、派閥から環流(キックバック)されていることがわかりました」

キックバックなしから一転、直近5年間で60万円のキックバックがあったことを明らかにした。

安倍派抜きの新体制を、15日から本格始動させた岸田首相。

新体制初の閣議では、硬い表情の新閣僚に対し、ほかの閣僚と雑談するなど岸田首相は笑顔を見せていた。

安倍派5人衆の西村氏から代わった斎藤新経産相は、逆風の中での大臣就任に心境を述べた。

斎藤新経産相「大臣となった高揚感みたいなものはありません。身の震えるような緊張感のみであります」

一方、15日の安倍派の事務所前、自民党の派閥パーティーをめぐる裏金疑惑で、東京地検特捜部が近く、強制捜査に乗り出すとみられる中、多くのカメラが集まっていた。

実態解明に向け、特捜部による捜査が続いている。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *