木原誠二衆議院議員の妻の元夫が17年前に死亡したことについて、遺族の告訴を受け再捜査した結果、警視庁は、「事件性は認められない」とする捜査結果を東京地検に送付したことがわかった。

2006年、東京・文京区の自宅で死亡し、自殺と判断された安田種雄さん(当時28)について、警視庁はあらためて捜査したところ、2023年12月15日、「事件性は認められない」との捜査結果を東京地検に送ったことがわかった。

安田さんの死亡をめぐっては、警視庁は5年前にも再捜査を行ったが事件性は認められず、安田さんの遺族が2023年10月に容疑者不詳の殺人事件として刑事告訴していた。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *