ウクライナのEU(ヨーロッパ連合)への加盟を反対しているハンガリーのオルバン首相に対し、ゼレンスキー大統領が「反対の理由はない」と牽制(けんせい)しました。

 ウクライナ ゼレンスキー大統領:「オルバン首相にウクライナのEU加盟を阻止する理由はない。理由を1つ教えてほしいと頼んだ。今も答えを待っている」

 ゼレンスキー大統領は13日、アルゼンチンの新しい大統領の就任式でオルバン首相と立ち話をした際、ウクライナのEU加盟に反対する理由を尋ねたことを明らかにしました。

 14日から開かれるEU首脳会議ではウクライナへの新たな支援策やウクライナのEU加盟交渉を始める決定をするかどうかが焦点となっています。

 ロシア寄りとされるオルバン首相は、今のところいずれも反対する意向を示していて、ウクライナは反発しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *