立憲民主党は「内閣に対する信頼は完全に失墜した」などとして、13日午後に岸田内閣に対する不信任決議案を衆議院に提出しました。

 立憲民主党 泉代表:「もう、この岸田内閣、これだけ今回裏金疑惑が蔓延(まんえん)をし、もはや自民党内には新たな内閣を構成する能力はない。そう認識をいたしました」

 不信任案では、自民党の派閥を巡る裏金問題や相次ぐ政務三役の辞任などについて問題視しています。

 そのうえで、所得減税を中心とする岸田内閣の経済対策も含め「内閣の機能不全だ」として岸田政権の姿勢を批判しています。

 立憲民主党は他の野党からも賛同を得たい考えで、日本維新の会や共産党、国民民主党なども賛成に回る見通しです。

 与党側は、この後の衆議院本会議で速やかに否決する方針です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *